記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社員研修にもVR



シェア


ツイート


はてブ


LINE


現在VRを利用したゲームや動画など、エンタメ分野でさまざまなVRコンテンツが生まれており、VRを利用した娯楽は今後も拡大していくことが予見されます。しかし、VRが活用されているのは娯楽分野だけではありません。

企業が新入社員の研修・教育にVRを導入する「VR研修」という活用法もあり、VRが活躍する幅は広がり続けています。今回はそんなVR研修のメリットと実際にあった事例をご紹介していきます。

VR研修のメリット

VR研修を導入する最大のメリットは、よりリアリティのある研修ができるようになることです。現在でもe-ラーニングなどを導入して映像での研修を行っている企業はありますが、映像を見る研修はどうしても受動的な体験になってしまいがちです。

しかし、VRを利用することで研修を受ける側に視点を動かすなど能動的な参加を求めることができます。また、通常人間を相手にするコミュニケーション研修などは指導人員が必要となりますが、VRを利用することで大人数を同時に研修することができ、より効率的な研修が可能となります。VR研修は仕事内容をよりリアルに、より効率的に伝えることができるため、研修をする側にもされる側にもメリットがあります。

また、高所作業の訓練など通常研修現場ではリアリティの薄い訓練もVRを使うことでより現実味のある内容にすることが可能になります。

安全教育ソリューション「安全体感VRトレーニング」株式会社積木製作が販売するVR研修


VRコンテンツ制作を手がける株式会社積木製作は、建設などものづくりに関わる様々な現場で使用できる、安全教育ソリューション「安全体感VRトレーニング」の販売を開始しています。

コンテンツの第一弾として「建設現場における仮設足場からの墜落」を体験することができ、高所での作業が持つ危険性や安全帯の重要性などを再認識することが目的となっています。VRを利用することで事故を現実で体験してしまう前に恐怖感を身に着け、作業をより安全に行う意識を持つことができるようになります。

本製品では他にも鉄道業界で起こりがちな触車を体験するコンテンツが用意されており、今後はコンテンツの追加や簡易に安全教育を受けることができるスマートフォンアプリの開発も予定しているとのことです。



僕も年始に友人のVRゲーム機を体験させてもらいましたが、今も鮮明に映像が脳裏に浮かべられますからねー!
すごく有効な手段だと思います!



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

東急田園都市線駒沢大学駅西口隣ビルの整体院。
調整体

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。